【翔んで埼玉】映画の内容がおもしろすぎる!感想と口コミ・評判は?

GACKT&二階堂ふみ主演の映画『翔んで埼玉』

公開初日に映画館に足を運びましたが、個人的には今年1の映画になるんじゃないかなという予感が・・・
(気が早すぎ…^^;)

そこで今回の記事では、その『翔んで埼玉』を見た個人的な感想や他の方のネットでの声、そしてちょこっと映画の内容についてお伝えしていきたいと思います。

まだ見に行ってない方には、おすすめの作品となっています!1度見てしまったら2度3度と見たくなる映画ですのでぜひ、一度見に行ってみてください♪

それでは早速いってみましょう!

ここからは、多少のネタバレが含まれていますので、ご注意くださいm(_ _)m

スポンサードリンク

 

映画「翔んで埼玉」どんな内容?

『翔んで埼玉』は埼玉県を”ディスった”魔夜峰央作のマンガを映画化したものです。

内容をざっくりお伝えすると、”現代”を生きる埼玉県民がラジオ(埼玉県民が愛するNack5?)から流れてくる、昔の都市伝説的なストーリーを聞きながらそれが映像として浮かび上がるという内容の映画になっています。

ストーリーの一部を紹介すると、、、

その昔、東京都民からひどい仕打ちを受けていた埼玉県民が一人の男の出現により、埼玉県の地位工場を目指して、東京や千葉・神奈川と近隣の関東圏との戦いを繰り広げていく!という壮大なスペクタクルコメディ映画!

ストーリーの途中からは、「これってBL(ボーイズラブ)の話か??」と思いがちなところが出てきますが、あくまでも映画の中のストーリーの目的は”埼玉県民の地位向上”を目指したストーリーとなっています!

そして中でもビックリするのが、東京都庁前を完全に貸し切りロケをしたというところが、そのスケールの大きさを物語っています!

映画の中では、埼玉をディスったワードが次々と出てくるたびに映画館は爆笑に包まれるという…(笑)

主演の一人、GACKTへの格付けのシーンや、流川での埼玉VS千葉の決戦、そしてエンディングでなぜか佐賀出身の「はなわ」の歌う『埼玉県の歌』など見どころが盛りだくさんの映画でした♪
(はなわさんの生まれた場所が埼玉だということがエンディングで分かりました。)

ちなみに、この「翔んで埼玉」というマンガは、きっちりした話の完結というところまではいってないらしく、後半はすべてオリジナルの作品ということなんです!
(原作の方を読んでないので、どの部分とは言えないんですが・・・)

とにかく、どこの県の人が見ても楽しめると思いますし絶対に損はないと思うので、ぜひ映画館に足を運んでご覧になってみてください(^o^)

スポンサードリンク

「翔んで埼玉」を見た感想

一言で言うと、めちゃくちゃ面白かったです\(^o^)/

まず、映画の始まりがNHKの教育テレビでやっている、『ピタゴラスイッチ』方式で目玉焼きを焼くというところからのスタート。

その後も広大な田んぼに『翔んで埼玉』というミステリーサークル的なものが出てきたりと、映画の中に色々な仕掛けが施されています。

また、映画の中で出てくる埼玉県をディスるワードも面白かったですね!

[box class=”blue_box” title=”「翔んで埼玉ディスりワード」”]

ダさいたま

くさいたま

古くさいたま

アホくさいたま

田舎臭いたま

辛気臭いたま

インチキくさいたま

[/box]

などなど。

この他にもたくさんのワードが出てきましたが、中でも二階堂ふみが演じる壇ノ浦百美が麻美麗とともに東京を脱出し、その道中で千葉解放戦線からなんとか逃げ切り埼玉に入ったあとにかかった病気『サイタマラリア』

いくらなんでも『サイタマラリア』はディスりすぎでしょ〜(苦笑)と思ったんですが、この映画の趣旨がとにかく埼玉をディスりまくるというところでオッケーなのかなぁと^^;

とにかく、映画館の中は要所要所で爆笑の渦でした(笑)

「翔んで埼玉」ネットの声

まとめ

今回の記事では、映画『翔んで埼玉』についてお伝えしてきました。

この映画は、エンディングまで目が離せない作品です。というのも、はなわが歌うエンディング曲『さいたま県の歌』も爆笑必須な歌になっています。

今年公開の映画の中では、上位に食い込んでくる映画だと思うのでぜひ劇場でご覧になってほしいなぁと思います!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク