沖縄の結婚式 服装の違いはある?暑い時期のかりゆしウェアは正装?

この前、本土に住む知人からこういう相談をされました。

  「沖縄の結婚式に招待されたけど、どんな服装でいけばいいかな??」

ちょうど6月の終わり頃で、もう梅雨明けして暑い日が続いていたということもあり、

  「かりゆしウェアでいいんじゃない?」

と答えると、少し不安そうな返答が返ってきました。

  よくよく考えると、確かにここ沖縄と他府県では冠婚葬祭に対する考え方がかなり違いますよね。

  そこで今回は、沖縄の結婚式に出席する際の服装事情や便利なアイテム「かりゆしウェアについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

  

沖縄の結婚式 服装に違いはある?

  基本的には“スーツ”ということに変わりはないのですが、暑い時期にはその違いがでますね。

暑い時期に沖縄の結婚式に参加する場合は、かりゆしウェアが涼しくていいですね。

「でも、ほんとにかりゆしウェアで大丈夫かな?」と心配になられるかもしれませんが、安心してください!

  「かりゆしウェアで全然オッケーです!!!」

  ノープロブレムです!!

  沖縄の気候は、皆さんご存知の通り亜熱帯気候なので、5月からはもう“夏”になるんです!

夏にスーツってやってられなくないですか?スーツの中なんて汗でグシャグシャになりますよ(笑)

  具体的にお話すると、その結婚式の主役の方との関係性によるものが大きいかな?というところですかね。

結婚式を挙げる方が沖縄出身の友人・知人ならかりゆしェアで全然大丈夫なんですけど、そうじゃない場合もありますよね?

  例えば、他府県出身者の結婚式や会社関係の方の結婚式、または親族関係だった場合はまた話が変わってくる場合があります。

  かりゆしウェアに馴染みのない他府県出身の方だったりする場合には、事前にその本人に直接聞くということが一番無難かもしれないですね。

何も聞かないでかりゆしウェアで出席すると白い目で見られる。なんてことにもなりかねませんから…

  ちなみに、結婚式でのかりゆしウェアの着用率ですが、今では結構浸透していて6割〜7割の人がかりゆしウェアで結婚式に参加しています。

  強制ではないので、スーツが好きな人はスーツでも全然大丈夫ですよ。

  そうそう、“かりゆし”の意味ってご存知ですか?

漢字で「嘉利吉」って書くんですけど、これ沖縄の方言で「めでたい」という意味になるんです!この意味を認識していれば、まったくもって失礼には値しません。

  また、最近人気のリゾートウェディングでは、招待状にドレスコードが記されている場合があって、その際にはアロハやムームーなどハワイ的な服装で参加するように明記されていることもあるようです。

スポンサードリンク

かりゆしウェアって何?アロハシャツとかりゆしウェアの違いは?

  ここまで当たり前のように説明してましたが、そもそもかりゆしウェアが何なのか?という疑問を持つ方もいらっしゃいますよね(汗)

  ここでは、かりゆしウェアがどういうものなのかについてお話させていただきます。

かりゆしウェアってどんなの?

そもそもかりゆしウェアとは、沖縄の観光をPRする目的で作られました。

  その歴史は、1970年までさかのぼります。当時はまだ、「かりゆしウェア」という名称じゃなく柄もバリエーションが乏しかったため、なかなか浸透しなかったそうです。

  1990年に「かりゆしウェア」という名称になり、官公庁などでの着用が推進され、どんどん認知度が上がっていきました。

  そして、2000年の九州・沖縄サミットで各国の首脳が着用したことにより一気に認知度が上がり、今では沖縄のビジネスマンにとっては無くてはならないアイテムになっています。

かりゆしウェアとアロハシャツの違いは?

  この写真。かりゆしウェアと思いますか?それともアロハシャツと思いますか?

  正解は〜〜・・・

  かりゆしウェアでした〜!

  一見すると、どっちとも取れると思いませんか?沖縄の人でも、明確な違いをわかっている方ってあまりいないと思うんです…。というか、別にどっちでもいいんじゃない?

  って大半の人は答えると思います!

  ちなみに、政府の定義するかりゆしウェアとアロハシャツの違いがこちらです。

  

  とりあえず、柄の違いっていうところが一番のポイントなんですね!

かりゆしウェアの着こなし方

かりゆしウェアを着たことがないという方は、「どういう着こなし方をすればいいの?」と悩まれるかもしれませんが、答えは簡単です。

  どういうスタイルでも構いません!!!

  通常は、スーツのパンツに上をかりゆしで合わせるというのが一般的な着こなし方になります。シューズは革靴ですね。

  こんな感じです。

  

  結婚式に出席する際も、このようなスタイルが主流です。中には、チノパンにかりゆしというスタイルで結婚式に参加される方もいます!

  着こなし方というのは結構自由ですね。このゆる〜い感じが沖縄の良いところでもあります!

  あ、そうそう、カラーは黒以外だったら何色でも大丈夫って感じですね。結婚式に着用するかりゆしは統計的に白系が多い印象です。

かりゆしウェアを着る時期って?

  結婚式にかりゆしウェアを着る時期ですが・・・

  特に決まりはありません!!

暑がりの方もいるでしょうし、寒がりな方もいるでしょうからその人次第っていうことになりますね(笑)

  一応の目安としては、沖縄県が着用を推進している期間の4月〜11月が目安となりますが、昼の結婚式となると3月頃でも暑い日がありますので、その時の気温によるところが大きいですね。

僕の周りの結婚式でのかりゆしウェア着用率は、やはり4月頃からが多いです。

  ちなみに、沖縄の月ごとの平均気温はというと、この様になっています。

  
参考:気象庁データ

このデータを見てもらうと4月5月なんかは「涼しいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、確かに気温的には涼しいんですが、何しろこの時期になると日差しの強さが半端ないので、体感的にはもう暑いです!

  ちなみに、沖縄の海開きっていつか知っていますか?

沖縄の海開きは、4月からなんです!!

なので、本土の方にとったら沖縄の4月なんてですよ!

そもそもかりゆしウェアって正装なの?

  そもそも、かりゆしウェアって正装なの?という疑問が沸き起こるかもしれませんが、ズバリ!

  かりゆしウェアは「正装」です!

  

1990年に名称を「かりゆしウェア」に改めカジュアル・フライデーなどでの着用が推進された結果、徐々に官公庁などでの着用が広まるようになり、2000年の九州・沖縄サミットで各国首脳が着用し、その際に定義が現在のものに変更され、バリエーションの幅が広がったことなどを契機に官公庁・銀行ほか一般企業でも広く普及するようになった。

とありますが、やっぱり契機となったのは2005年の小泉内閣の際に行われたクールビズですね!

政府が推進するキャンペーンがニュースなどで取り上げられることによって、ずいぶん浸透するようになりました。

  今は、温暖化の影響で日本各地が亜熱帯化してますよね。

個人的に思うんですが、他府県でもご当地ウェア的なものを作ったらいいんじゃないかと思うんですよね。

最高気温なんて、今では沖縄よりも暑いですからね。

  例えば、愛知県の「しゃちほこウェア」や神奈川の「浜スカウェア」なんてものを強制的に導入してみたらどうかなと思うんですが。
(ネーミングは勝手に命名しました笑)

冠婚葬祭全てで使えるかりゆしウェア

  そうそう、かりゆしウェアって非常に便利なアイテムで、他の冠婚葬祭にも使えるんですよ!

  例えば、入学式。

先程もお伝えしたように、沖縄の4月は昼間の気温が25度近くになる日がザラにあるんです。その上、人が密集した体育館で行う入学式なんて、あっついのなんの…。

熱気でムンムンしているんです。

さすがに、先生方はスーツ着用しているんですが、出席する保護者の中にはかりゆしウェアで出席している方もいるんです。

  そして、お葬式など葬祭関係の行事。

こういう映像をニュースなどで見かけたことはないですか?

  

6月23日に沖縄で行われる慰霊の日の戦没者追悼式の写真なんですが、ほとんどの方がかりゆしウェアで列席している様子がわかると思います。

  安倍首相もかりゆしウェアを着て参列しています。

  黒のかりゆしウェアが定番なんですが、暑い時期のお葬式はほとんどの方がかりゆしウェアで参列しています。

とっても便利なアイテムなので、沖縄に何らかの関わりがあるのならお祝い用のかりゆしウェアと、葬祭用のかりゆしウェアをそれぞれ一着ずつ持っていたほうが、いいかもしれないですね♪

かりゆしウェアはどこで買える?値段はいくらぐらい?

かりゆしウェアは、沖縄だとイオンなどのデパートや空港などにも必ずあるんですが、結婚式に出席するとなると、購入するための時間がない場合もありますよね。

  もし、そういう時間がない場合は通販などで購入するのをオススメします。

  価格には結構幅があって、2000円〜10000円ぐらいが通常のお値段となっています。

  個人的には、安いものだと生地があまりしっかりしていなくて、好きじゃないので大体4000円〜5000円ぐらいのかりゆしウェアが生地もしっかりしていて、デザインも多少は選べるのでいいんじゃないかなぁと思います。

  ネットでかりゆしウェアをお探しの場合には、こちらをご覧になってみてください。

  
マジュン楽天市場店

  
沖縄アロハシャツファクトリー

まとめ

今回の記事では、沖縄の結婚式に出席する際の服装とかりゆしウェアについてお伝えしてきました。

  まとめると

  • 沖縄の結婚式でのかりゆしウェアはオッケー!
  • かりゆしウェアは正装に当たる
  • かりゆしウェアを着る時期は6月〜11月頃
  • かりゆしウェアを1着持っているとかなり便利

となります。

  もし聞けるのであれば、招待してくれた方に聞くのが一番ベストな方法ですね!

「式を挙げる本人には直接聞けないよ!」というのであれば、この記事を参考にしてみてください。

  服装も重要ですが、何より大事なのはなんといっても、式を挙げるカップルを祝う気持ちですからね♪

  沖縄の結婚式というのは、他府県と違う点がいろいろとあるので楽しめると思いますよ!

  それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク