高校野球明治神宮大会の優勝チームはセンバツでは優勝できない?

スポンサードリンク

 
 

あなたはこのウワサを耳にしたことはありますか?

『秋の明治神宮大会で優勝したチームは、春のセンバツでは優勝できない!』

過去を振り返ってみると、2000年以降は2001年に兵庫の報徳学園が明治神宮大会を制し、翌年の2002年の春のセンバツで優勝して以来、明治神宮大会で優勝したチームが春のセンバツでも優勝という事例は、ありません。

では、どうしてこのような現象が起きるのでしょう?

今回は、この件についてお伝えしていきたいと思います。

明治神宮大会を制したチームのセンバツ成績(2000年以降〜)

それでは過去、明治神宮大会を制したチームのセンバツ甲子園の成績を表でまとめてみました。

  

年代 学校名・成績
2000年 東福岡高校・ベスト8
2001年 報徳学園・優勝
2002年 中 京・3回戦
2003年 愛工大名電・準優勝
2004年 福岡 柳ヶ浦・1回戦
2005年 駒大苫小牧・出場辞退
2006年 高知高校・1回戦
2007年 常葉菊川高校・3回戦
2008年 慶應義塾高校・1回戦
2009年 岐阜 大垣日大高校・ベスト4
2010年 日大三高・準優勝
2011年 青森 光星学院・準優勝
2012年 仙台育英高校・ベスト8
2013年 沖縄尚学高校・ベスト8
2014年 仙台育英高校・2回戦
2015年 香川 高松商業高校・準優勝
2016年 大阪 履正社高校・準優勝

  2000年以降で見てみると、2002年報徳学園の一度だけしかありません。

  それ以前で記憶に新しいのは、1998年センバツあの平成の怪物『松坂大輔』擁する横浜高校があげられると思います。しかもその横浜高校、その後公式戦負け知らずの高校4冠(明治神宮大会、春のセンバツ、夏の選手権、秋の国体)を達成し、当時のチームは無敵艦隊とも呼ばれていました。

  しかし、準優勝 5回・ベスト4 1回・ベスト8 3回と確かな実力を持っていることは間違いありません。

スポンサードリンク

なぜこのような結果になったのか?

それでは、なぜこのような結果になったのでしょうか?

  単なる時の運。ということもあるかもしれませんが、何らかの原因は多少なりともあるような気がしませんか?

  まず1つ、明治神宮大会に出てくるチームというのは、新チームを結成して間もない段階のチームです。

  上の代が甲子園に出場すれば、当然ながら新チームに注ぐエネルギーというのは半減まではいかなくとも、多少は削ぎ落とされます。しかも、その上の代に新チームで主力となるような選手が出場していたら、甲子園の疲れからか思い通りのプレーができないことも時にはあります。

  野球というスポーツに限らず、団体競技というのはチームワークが大事になってくるので、まだ結成したばかりのチームだと本当の意味での一体感というのも、まだまだ未熟なんじゃないかなと思います。

  そして次に、高校野球は12月頃から対外試合が禁止されている期間があり、その時期に行うトレーニングのことを冬トレと言います。

  この時期に行うトレーニングによって飛躍的に伸びる選手が急増し、チーム力も上がります。

  ピッチャーであれば、下半身が安定し急速が増したり、コントロールが良くなったりすることが多いです。また野手では、パワーが付き肩が強くなったり、打球が自分が思っている以上に速くなったり遠くに飛ぶようになるといったことが起きます。

  そしてもう一つ、この冬トレの期間というのは地味な練習を永遠に淡々とこなすことから、仲間同士の励まし合いがないと、なかなか地道に続けていくことが難しいといった点から、お互いが声をかけ励まし合うことで結束が強くなり、その結果チームワークも向上するといった最大のメリットがあります。

  そうして、個人個人が力をつけてチームになった時、新チームをつくったばかりの秋の頃に比べて、何倍もチームとしての力が増します。

  その結果、新チームを結成したばかりの明治神宮大会の頃に比べて、各チームとも強くなっていることが、神宮を制したチームが春のセンバツで優勝できない一因になっているかもしれません。

神宮を偵察して相手を骨抜きに?

こういうことも言われています。

  高校野球の伝説の名コーチ、元横浜高校コーチの小倉清一郎さんや、智弁和歌山高校の高嶋仁監督が地区大会で敗れた後、神宮大会を訪れて相手チームを偵察し、丸裸にされているということを。

  これに関しては、様々な意見があることと思います。

  確かに神宮大会が終わり冬のトレーニングに入ると、個人の力は格段に上がるから神宮の時点ではあてにならないという事。

  しかし、その選手が持っているクセというのはなかなか変えようがないので、その辺を偵察して研究材料にしているという点。

  両方の意見とも正しいと思いますが、百戦錬磨の両氏がわざわざ偵察に来るということですから、何か企みがあるに違いないですよね。

やはり、決勝に残るチームなので、何かしら弱点を掴まれて丸裸にされているから、センバツで優勝できないのでしょうか?

まとめ

今回は、「神宮で優勝したチームはなぜセンバツで優勝できないのか?」という点について、お伝えしてきました。

報徳学園が優勝して以来、明治神宮で優勝したチームはセンバツで優勝を勝ち取ることができていません。

そして今年は、松井の5打席連続敬遠でおなじみの、名将・馬淵監督率いる「明徳義塾」が明治神宮大会を制しました。名将・馬渕監督はセンバツ優勝を勝ち取るために、どんな秘策を持ってくるのでしょうか?

今年の春の選抜高校野球大会は、第100回の節目の記念大会となりました。

また今年はどんなドラマを見せてくれるのか、センバツは3月23日に開幕します!

スポンサードリンク