誉高校野球部監督(矢幡真也)の経歴は?職業は町の電気屋さん?

令和初の夏の甲子園が8月6日(火)に開幕します!

 

今回は地方大会で有力チームが多数敗れると行った波乱の連続でしたが、新しくでてきたいいチームもあります!

その中でも、激戦区・愛知を制し甲子園初出場を決めた誉高校には期待が持てそうですね。

 

そして、その誉高校を率いる監督がちょっと変わった経歴の持ち主だということで、調査してみました。

誉高校野球部のこれまでも振り返った記事となっていますので、ぜひご覧ください♪

 

それではさっそくいってみましょう!

スポンサードリンク



誉高校野球部監督のプロフィール

誉高校野球部 矢幡真也監督プロフィール
氏名 矢幡真也(やわたしんや)
生年月日 1972年生まれ
出身校 岐阜県・美濃加茂高校
野球歴 美濃加茂高校→朝日大学→阿部企業

誉高校野球部監督(矢幡真也)の経歴は?

高校は地元愛知を離れ、岐阜県にある私立美濃加茂高校に入学。

1990年エースとして夏の甲子園に出場するも、初戦で山口県代表の宇部商業に3−2で惜しくも敗れ、初戦敗退。

高校卒業後、岐阜県にある朝日大学に入学し、野球部に所属し、大学3年時には、全日本大学選手権に出場するも初戦敗退。

そして大学を卒業後、当時兵庫県にあった警備会社阿部企業に入社。社会人野球を続けながら、深夜の警備業務にあたるなど当時の環境は過酷だったそうで、深夜業務から帰ると徹夜で練習をするということもよくあったということ。

その後、社会人チームで3年間プレーした後、地元に戻りハローワークに通ったり工場などで働いた後、今の奥さんと出会い奥さんの実家の家業である家電販売店を継ぐことになったそうです。

ちなみに、この阿部企業では高校野球の名将・明徳義塾高校の馬淵史郎氏が1983年から3年間監督を務め、1986年の全日本社会人選手権大会で準優勝。

その後、1990年から明徳義塾の監督に就任したそうです。

さすがは、名監督!当時から戦術には長けていたんですね(^^)

あ、残念ながら誉高校野球部監督の矢幡真也さんとの接点はありませんでした…

誉高校野球部監督の職業は町の電気屋さん?

高校野球の監督でありながら本職は町の電気屋さんという肩書を持つ矢幡監督。

お店は愛知県犬山市の街道沿いにあって、今年の1月に義理の父親から社長を引き継いだそうです。

面白いエピソードも。電気屋さんと高校野球監督の二刀流という仕事柄、土日の練習試合中でもエアコンの取付作業があるということで、相手監督了承のもと途中で抜けることもあるそうなんです(^^)

監督という立場上、最後まで試合を見届けたいという気持ちが強そうですが、本業が電気屋ということで、生活もかかっているためそのバランスを取るのが、大変そうですね。。。

誉高校野球部監督になったキッカケとは?

もともと、誉高校の前身である尾関学園(当時)に出入り業者として頻繁に出入りしていたところ、高校の職員から野球部を立て直してほしいという依頼があり、監督を引き受けることになったそうです。

監督就任後は、学校が掲げた『甲子園10年計画』という名の下、日頃の練習はもちろん、各地のボーイズリーグなどに足繁く通い、有望な選手の獲得に動いていたそうです。

しかし、就任当初の野球部は7名。やんちゃな選手が多く中学野球関係者から毛嫌いされていたそうで、矢幡監督についたあだ名は『猛獣使い』!

それでも、地道に部員を増やしていき2014年秋の愛知県大会で優勝。

2018年春にも優勝し、ついに2019年夏の愛知大会を制して初の甲子園きっぷを手に入れました。

矢幡監督の指導方法は?

矢幡監督の指導方針は、メンタルに重点を置く指導方法のようです。

今夏の愛知県大会4回戦の愛工大名電戦の試合前に、こんな言葉を選手たちに授けていました。

「名電に勝つのは、何も特別なことではない!」

このような声掛けを日頃から行っているんでしょうね(^^)

その証拠に、ある選手は今夏の大会を勝ち進んでいくうちに、強豪との対戦を目の前にしても、臆することなく『強豪校と試合をするのもなかないから、楽しもう♪』という思考になったということです。

素晴らしいことですね!

甲子園でもこのメンタルコントロールでジャイアントキリングを続けてほしいです(^^)

スポンサードリンク



誉高校ってどんな学校?

誉高校は1983年に男女共学の高校として開校され、当時の学校の名前は先ほどもチラッと紹介した、尾関学園高等学校。

全日制の普通科高校で生徒数は364人(女子123人)として運営されています。

実は、愛知県内で初めて海外への修学旅行を実施した学校でもあります。

偏差値は42〜43とそんなに高くはありません。

矢幡監督が就任した当初は、いわゆるルーキーズ的な生徒が多く地元ではあまり評判のよろしくない学校だったようです。

あの、スピードワゴン井戸田さんもこの学校を受験したそうですよ!
(実際に通った学校は、甲子園で誉の友情応援をする小牧工業高校だそうです(^^))

ですが、野球部が強くなるとともに学校の風紀も変わっていったんでしょうね!

まさに、『甲子園10年計画』の賜物ですね(^o^)

誉高校野球部2019年夏の戦績


それでは、ジャイアントキリングを起こした2019年夏の県大会の戦績をお伝えしていきたいと思います。

 

1回戦 誉8 ー 0豊橋工業
2回戦 誉 4− 3愛知
3回戦 誉4 − 2向陽
4回戦 誉4 − 2愛工大名電
5回戦 誉9 − 4愛知産大工
準々決勝 誉7 − 4星城
準決勝 誉5 − 4中京大中京
決勝 誉8 − 1桜丘

 

 

接戦を物にする試合が多かったようで、まさにメンタルを重視する矢幡監督の指導がここ一番で生きてきたようです。

この大会のターニングポイントとなった試合が2回戦の愛知高校戦だったと、選手・監督ともに語っています。

 

この試合は、9回までビハインドを背負いながら見事逆転勝ちを収めました。

そしてこの試合を足がかりに、強豪校を次々と敗るジャイアントキリングを起こしました!

関連記事

明日、8月6日(火)から行われる第101回全国高校野球選手権大会。 今年は、各地の予選で波乱の連続でしたね!   センバツを制した東邦がまさかの初戦コールド負け!さらに、高校BIG4と呼ばれるピッチャー大船渡・佐[…]

誉高校野球部2019夏のメンバー出身は?

今大会のメンバーは以下のとおりです。

背番号 名前 学年 ポジション 出身中学(チーム)
山口伶生 3年生 投手 愛知北シニア
林山有樹 3年生 捕手 瀬戸シニア
吉田卓矢 3年生 内野手 大阪泉北ボーイズ
手塚陸斗 2年生 内野手 愛知北シニア
内田力斗 3年生 内野手 愛知木曽川ボーイズ
沢野聖悠 3年生 内野手 瀬戸シニア
坂又宗太 3年生 外野手 大阪泉北ボーイズ
松田龍二 3年生 外野手 西尾張ヤング
坂拓斗 3年生 外野手 メントーズ
10 杉本恭一 3年生 投手 愛知守山ボーイズ
11 吉永祥吾 3年生 控え 小牧シニア
12 小泉純一郎 3年生 控え 春日井西部中学
13 大田奎 2年生 控え 名古屋北中学
14 岩崎由弥 3年生 控え 瀬戸シニア
15 谷口智哉 3年生 控え メントーズ
16 菅野立成 2年生 控え 春日井坂下中学
17 畠中大雅 2年生 控え 小牧シニア
18 大野蓮 3年生 控え 岐阜・大野中学
19 菊野塁煬 3年生 控え 愛知津島ボーイズ
20 中村友哉 2年生 控え 春日井鷹来中学

注目選手は、遊撃手の沢野選手でしょう!

柔らかいバッティングで高い打率を残す選手として、愛知高校選抜チームにも選出されたそうです。

 

あとは、控え捕手の小泉純一郎選手!

元・総理大臣の小泉純一郎さんと同姓同名ということで、注目を集めています。ちなみに、チームメイトからは『総理』と呼ばれているそうで、チーム内のムードメーカーといったところでしょうか(^^)

誉高校野球部の寮やグラウンドは?

 

誉高校野球部の寮やグラウンドについてですが、誉高校に寮があるということはあまり知られていないようですね。

今夏のメンバーには県外出身者もいるようですし、あとから整備されていったのでしょう。

野球部のグラウンドは、2013年に専用球場が完成しました。立派なグラウンドですね(^^)

ちなみに、ネット付近に付けられている証明は矢幡監督が取り付けたのか?気になりますね♪

そこから一気に力をつけていき、今回の優勝にまで結びついたようです!

ちなみに、練習場にある電気設備等は電気屋さんである矢幡監督がほぼ自ら取り付けたということです。

誉高校野球部の強さの秘密とは?

誉高校の強さの秘密についてですが、これも監督の努力によるものが大きいのでしょう。

実は矢幡監督、「スポーツフードスペシャリスト」という資格を取得し、半年ほど前から朝練を行う選手のために毎朝”豚汁”を作っていたそうです。

それにも理由があり、せっかく練習でつけた筋肉を落とすことのないように動物性たんばく質の摂取を大事にしていたということで、監督いわく

「筋肉が落ちれば、パフォーマンスも落ちる」

という理論から、選手の体重が落ちないように食事を作って食べさせることで、パワーの維持を行っていたそうです。

いやぁスゴいですよね!栄養学の勉強もして自ら調理をする監督なんてなかなかいないんじゃないですかね?

選手はいい指導者に出会えて幸せですね(^^)

まとめ

今回の記事では、令和初の甲子園に初出場する誉高校野球部監督の矢幡真也さんに経歴や、チームの情報についてお伝えしてきました。

監督としても、町の電気やさんとしても大忙しの矢幡監督ですが、こういう指導者に出会えた選手たちは本当に幸せですね(^^)

 

開幕カードということで、プレッシャーはかなりのものだと思いますが、僕の予想で球場全体が誉の応援一色になるんじゃないかな?と思いますので、この応援を味方につけてぜひ快進撃を続けていってほしいと思います!

それでは、誉高校の初戦突破を願ってこの辺で失礼します。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク