ハセベるとは?意味と由来 使い方を紹介!2018流行語大賞も?

2018年上半期のスポーツ界からは、いろいろなワードが生まれましたね。

  ソチオリンピックカーリング女子日本代表の「そだねー」や、メジャーで活躍する大谷翔平選手から生まれた「フルゴリラ」。

  そして今週、日本中が注目する世界的なイベント。

  「ワールドカップ」が始まります!

  そのワールドカップの中から、また新たな流行語大賞候補が生まれようとしています。そのワードの生みの親ご存知ですか?

  日本代表の精神的支柱。そして、心を整える達人。

  そう、日本代表キャプテン

長谷部誠

今回は、その長谷部キャプテンから生まれた”あるワード”についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

   

ハセべるって何?

  今月は、睡眠不足の方が続出しそうな”アレ”が始まりますね。

  いよいよ始まります!ロシアワールドカップ!

  ハリルホジッチの電撃的な解任から約2ヶ月。西野ジャパンとしてワールドカップに挑む日本代表の結果が気になりますね。

  前回のブラジルワールドカップからほぼメンバーが入れ替わらなかった西野ジャパン。本田、香川、長友とともに、日本代表を支える精神的支柱のキャプテンである長谷部誠。

  その真面目すぎる性格をディスって、あるワードが生まれました。

  それが「ハセベる」

  サッカーって、今話題のアメフトや他のスポーツと違って、上下関係がゆるいような感じがするのは僕だけでしょうか?

  楽しそうで、うらやましいっス。

スポンサードリンク

ハセべるの意味と由来

  「ハセベる」の意味というのが、ズバリ「マジメ」

  しかも、ただのマジメではなく空気の読めない生真面目な人。いわゆる”KY”(←死語?ww)です。

  あなたの周りにも一人ぐらいはこういう人いませんか?マジメすぎる性格ゆえに融通がきかないというような人。

  けっして悪い人ではないけど、なかなかどうして…みたいなww

  そして、その由来というのが、先ほどお話した日本代表内における長谷部選手の”ある行動”がきっかけで生まれました。

  そのきっかけになった出来事が、数年前の代表招集期間にあった、長谷部選手の誕生日なんだそうです。

その長谷部選手の誕生日をサプライズで祝うために、代表DFの吉田麻也選手が中心となって、プレゼントを買いに行くために朝の散歩を企画したときに生まれました。

  朝の散歩をすると知った長谷部選手が『自分も参加する!』と言ってきたところ、吉田選手らは何とかサプライズを決行しようとあの手この手で言いくるめ、参加をさせない方向で話を持っていきたかったようですが、長谷部選手は聞き入れず食い下がってきたそうです。

  その出来事をきっかけに、この

  ハセベる

  というワードが日本代表に定着したそうです。

  いやぁ、マジメ・・・もとい「ハセベる」っすねぇww

  そして、今回のロシアワールドカップ代表合宿中もそのような出来事があったそうです。

  みんなが気分転換のためにプールで遊んでいる中、他の代表選手がふとプールサイドを見てみると、長谷部選手だけバスローブに身を包んでプールサイドのデッキチェアで、1人読書にふけっていたそうですw

  いやぁ「ハセベる」っすねぇww

ハセべるはどういうときに使う?

  それでは、「ハセベる」という言葉は実際にどのようなときに使うのでしょうか?

  空気の読めない真面目な人。いわゆるKY(←死語?ww)ということで、会社員を例としてあげると

  楽しい飲み会の最中、みんなでワイワイガヤガヤ盛り上がっている中、1人だけ真剣な表情で仕事の話について熱く語る!!

  そもそも、仕事のことを忘れて日頃の仕事にかかるストレスを飲み会の場で発散しようという所を、この場において仕事について真剣に話してくるという。。。

  「ハセベる」っすねぇww

  ちなみに、僕の住んでいる地域では、このような空気の読めないマジメな人のことを語るとき、

  「あにひゃー、しに、まっとばーだな。」(←あの人、とても、生真面目だな。という意味)

  という使い方をします。意味わからないですよねww

  観光で遊びに来たときには、イントネーションは気にせず「ハセベる」とあわせて、ぜひ使ってみてくださいww

2018流行語大賞にノミネート?

  2018年も始まって半分が過ぎようとしていますが、流行語大賞にノミネートされそうなワードが続々と生まれてきていますね。

  その中でも、世界中の関心が集まるワールドカップ。

  この期間中に「ハセベる」に続く新語が続々と生まれる予感がします!

  2ヶ月前に急遽指揮官が外国人から日本人に変わり、戦術などの面でも混乱しているのが丸わかりの日本代表。

  今回のロシアワールドカップではどこまでいけますかね?

  FIFAランクで見れば、ワールドカップ出場国の中で下から3番目の日本。対戦国のコロンビア(16位)ポーランド(8位)セネガル(27位)の上位チームに対してどう挑むか見ものです!

  長谷部選手の持ち前のキャプテンシーを発揮して、ぜひこの上位陣を倒しベスト16に進出してほしい!

  そのあかつきには、「ハセベる」も日本中に浸透していること間違いなしです。

まとめ

  6月14日開幕のロシアワールドカップ。

  指揮官も変わり、いろいろと言われていますが、結局はみんな日本代表を応援していることは間違いなしです!

  日本人指揮官になり、コミュニケーションはバッチリ取れていると思うので、試合にはぜひ「ハセベる」で挑んでほしいです。

  寝不足になることが予想されますが、みんなでサッカー日本代表を応援していきましょう!!

スポンサードリンク