月9ラブベスト久保田利伸・藤井フミヤ・米米が歌うドラマ主題歌

 3月21日に『月9』30週年を記念して、コンピレーションアルバムが発売されることが決定しました。

  そのアルバムのタイトルとは、月9ラブ~30th Anniversary~

  このアルバムは、4月と7月クールのドラマ主題歌が入った「春夏編」、10月と1月クールのドラマ主題歌「秋冬編」の2枚組になっています。

  ドラマ主題歌の他にも、挿入歌やオリジナルサウンドトラックが収録されているので、すぐにあの頃の気持ちが蘇るような内容になっています。

  今回はその中でも特に視聴率が高かった時代、90年代のフジテレビのドラマ、その主題歌、出演していたトレンディ俳優などをお伝えしていきたいと思います。

  ドラマや曲を聞いて、ワクワクしていたあの頃にタイムスリップしてみてください!

スポンサードリンク

 

『月9ラブ~30th Anniversary~』 収録曲

<春夏~収録曲>
〇Disc1.主題歌&挿入歌(全13曲)
1.「I Don’t Know!/BaBe」 【アナウンサーぷっつん物語~1987年】

2.「抱きしめてTonight/田原俊彦」【教師びんびん物語1~1988年】

3.「GLORIA/ZIGGY」【同・級・生~1989年】

4.「How’re You Doing,Guys?/チェッカーズ」【学校へ行こう!~1991年】

5.「君がいるだけで/米米CLUB」【素顔のままで~1992年】

6.「サボテンの花/財津和夫」【ひとつ屋根の下~1993年】

7.「ドラマティックに恋して/広瀬香美」 【上を向いて歩こう!~1994年】

8.「KNOCKIN’ON YOUR DOOR/L⇔R」【僕らに愛を!~1995年】

9.「LA・LA・LA LOVE SONG/久保田利伸with NAOMI CAMPBELL」【ロングバケーション~1996年】

10.「ひだまりの詩/Le Couple」 【ひとつ屋根の下2~1997年】

11.「愛しているから/KOKIA」【ブラザーズ~1998年】

12.「フレンズ~remixed edition~/REBECCA」【リップスティック~1999年】

13.「ここではない、どこかへ /GLAY」【パーフェクトラブ!~1999年】

〇Disc2.オリジナル・サウンドトラック(全15曲)
「僕らに愛を!」「ひとつ屋根の下2」「ブラザーズ」「リップスティック」「ラブ レボリューション」「空から降る一億の星」
「ランチの女王」「月の恋人~Moon Lovers」「夏の恋は虹色に輝く」「幸せになろうよ」「全開ガール」「鍵のかかった部屋」「リッチマン、プアウーマン」「SUMMER NUDE」「恋仲」

<秋冬~収録曲>
〇Disc1.主題歌&挿入歌(全11曲)

1.「You were mine/久保田利伸」【君の瞳をタイホする~1988年】

2.「GET CRAZY! 2012mix /PRINCESS PRINCESS」【君が嘘をついた~1988年】

3.「今すぐKiss Me/LINDBERG」【世界で一番君が好き!~1990年】

4.「約束の橋/佐野元春」  【二十歳の約束~1992年】

5.「慟哭/工藤静香」【あの日に帰りたい~1993年】

6.「TRUE LOVE/藤井フミヤ」【あすなろ白書~1993年】

7.「さすらい/奥田民生」 【Days~1998年】

8.「TOO YOUNG/14 KARAT SOUL」【Days~1998年】

9.「海とあなたの物語/未来玲可」【じんべえ~1998年】

10.「そのスピードで/the brilliant green」【オーバー・タイム~1999年】

11.「Always/光永亮太」【 いつもふたりで~2003年】

〇Disc2.オリジナル・サウンドトラック(全15曲)
「氷の世界」「いつもふたりで」「ビギナー」「プライド」「薔薇のない花屋」「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~2nd Season」「流れ星」「大切なことはすべて君が教えてくれた」「私が恋愛できない理由」「ラッキーセブン」「PRICELESS」「海の上の診療所」「失恋ショコラティエ」「5→9~私に恋したお坊さん~」「カインとアベル」

90年代 フジテレビ名ドラマ集

101回目のプロポーズ

『ボクは死にましぇん!!』

当時大流行したこのセリフ。

平均視聴率23.6%、最終回の最高視聴率が関西で38.5%と大ヒットを記録した月9ドラマです。

武田鉄矢演じる恋愛に不器用で冴えない中年男、星野達郎がヒロインでトレンディ女優の筆頭・浅野温子が演じる薫とひょんなことからお見合いをし、恋に落ちていくというストーリー。

『ボクは死にましぇん!!』というセリフ。実は元々の台本では『ボクは死にません!』というセリフだったそうですが、武田鉄矢さんが熱演の余り故郷である福岡・博多弁になってしまったそうですww

しかし、そのセリフが人々の印象に残ったんでしょう!当時の新語・流行語大賞に選ばれました。

『101回目のプロポーズ』を完全無料で視聴したい方はこちらから♪

あらすじ・キャスト・主題歌

あらすじ

建築会社で働く万年係長の星野達郎(武田鉄矢)は、真面目が取り柄の冴えない中年サラリーマン。見た目はカッコイイが実はアニメオタクの弟・純平(江口洋介)との二人暮らし。

達郎は、99回目もお見合いで断られ続けていたが100回目のお見合いでチェロ奏者の薫(浅野温子)に出会う。

そのお見合いでも当然のように断られた達郎だが、薫のことはどうしても諦めきれずその後も猛アタックする。

初めは戸惑っていた薫だが、達郎の一途でひたむきな心に徐々に惹かれていく…

キャスト

矢吹 薫役(浅野温子)

矢吹 千恵役(田中律子)

矢吹 孝夫役(小坂一也)

星野 達郎役(武田鉄矢)

星野 純平役(江口洋介)

沢村 尚人役(竹内力)

石毛 桃子役(浅田美代子)

真壁 芳之役 (長谷川初範)

岡村 涼子役(石田ゆり子)

藤井 克巳役(長谷川初範)

CHAGE and ASKA『SAY YES』

ドラマの主題歌は、日本中の誰もが知るであろうチャゲアスの『SAY YES』

この曲は、デビュー12年目で初のシングル1位となり、オリコンシングルチャート13週連続1位、累計売上枚数約282万枚と大ヒットを飛ばしたシングル曲となりました。

デビュー30周年の年に、活動を休止しその後色々ありましたが、チャゲアスの曲は色褪せることはありません。

スポンサードリンク

東京ラブストーリー


『かーんち!』

でおなじみのこのドラマ。

平均視聴率22.9%、最高視聴率が32.3%を記録しました。

鈴木保奈美が演じる「リカ」、織田裕二が演じる「かんち」、有森也実が演じる「さとみ」を中心に恋の三角関係を描いているストーリー。

当時は、まだ携帯電話が普及している時代ではなく、連絡手段としては固定電話と公衆電話が主だったため、ドラマの中では連絡のこない相手をじっと待つという、時代背景を移したシーンも特徴的です。

また、ドラマの影響が強い時代だった事もあって、女性の視聴者に嫌われていた「さとみ」を演じていた有森也実さんの所属事務所に脅迫状が届くという事もあったそうです。

『東京ラブストーリー』を完全無料で視聴したい方はこちらから♪

あらすじ・キャスト・主題歌

あらすじ

田舎から東京の会社に就職のためやってきた永尾完治(織田裕二)に一目惚れをする、その会社の先輩である赤名リカ(鈴木保奈美)。

その永尾は当時、高校の同級生だった関口さとみ(有森也実)に思いを寄せていた。しかし、さとみは同級生の三上健一に恋心を抱いていた。

完治は同じ会社の先輩であるリカから、一途に愛を告げられ完治もそんなリカに想いを寄せていく。

その恋は成就するかに見えたが…

キャスト

赤名 リカ役(鈴木保奈美)

永尾 完治役(織田裕二)

関口 さとみ役(有森也実)

三上 健一役(江口洋介)

和賀 夏樹役(西岡徳馬)

長崎 尚子役(千堂あきほ)

大滝 新太郎役(筒井道隆)

小田和正 「ラブ・ストーリーは突然に」

この曲は、小田和正さんのソロとして6枚目のシングル曲。

当時、ラブソングを作ることに辟易していた小田さんは、プロデューサーから作り直しを提示された。その際『1週間もらえれば、ぐうの音も出ないような作品を作る』という宣言をし、この曲を作り上げたそうです。

当時のドラマでは、主題歌と挿入歌に明確な線引きがあって、主題歌がドラマの中で使われるということはめったになかったそうですが、この曲をドラマの中でも挿入して以降、それが主流となりドラマに使われた主題歌が、ドラマの中の情景と相まって爆発的なヒットを飛ばすようになりました。

愛という名のもとに

1992年の1月から3月の間に放送されたドラマ。

平均視聴率24.5%、最高視聴率は32.6%。この数字は、2017年6月時点で木曜22時に放送されたドラマの中でも歴代1位の記録を誇っています!!

このドラマは、大学時代同じボート部で青春時代を過ごした7人の男女の物語。

現在、コワモテの役柄を多く演じている中野英雄さんは倉田篤、通称『チョロ』役を演じたこのドラマをキッカケにブレイクしました。

『ひとつ屋根の下』を完全無料で視聴したい方はこちらから♪

あらすじ・キャスト・主題歌

あらすじ

大学のボート部で青春時代を過ごした男女7人の仲間が、卒業から3年後ボート部の恩師の葬儀をキッカケに再会し、その後を描いたストーリー。

夢を抱き社会に出た7人だったが、理想と現実のギャップに悩み、もがき苦しみながらも前を向いて歩いて行く。

そんな中、女性に騙され横領と傷害事件を起こしてしまったチョロが思い余って…

主なキャスト

藤木 貴子役(鈴木保奈美)

高月 健吾役(唐沢寿明)

神野 時男役(江口洋介)

飯森 則子役(洞口依子)

塚原 純(石橋保)

斎藤 尚美役(中島宏海)

倉田 篤役(中野英雄)

浜田省吾 「悲しみは雪のように」

ハマショーこと浜田省吾さんの大ヒット曲。

オリコンチャートに初登場して2週連続で1位を獲得、3週目にとんねるずの「ガラガラヘビがやってくる」にトップを譲ったものの、翌週にトップに返り咲き累計売上170万枚以上のミリオンヒットを記録しました。

ちなみに、俳優の玉木宏さんが10歳の頃に初めて買ったCDだそうです!

スポンサードリンク